blog都喜彦の四季折々

アクセスカウンタ

zoom RSS 四季折々  燕の子

<<   作成日時 : 2005/08/21 14:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0



画像


飛び習ふ青田の上や燕の子 麦水



画像


子燕の大口あけて歯科の戸に キ喜彦






燕の子
(つばめのこ)

町の家々や、駅のホームの屋根裏などに、
燕が沢山に巣をかけていた頃、
親燕が餌を咥えて帰ってくると、
その巣の中に数輪の雛が声をあげ大きな嘴をあけて待っている姿を、
多くの人は見憶えている筈である。
この雛が孵るのは五月頃と七月頃の二回で、
それぞれ一番子、二番子と呼ばれている。
<日本大歳時記>




Copyright(C) まさじ MASAJI 2003-2014

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2005年 夏
2005年 夏 ...続きを見る
blog都喜彦の四季折々
2012/06/16 07:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
四季折々  燕の子 blog都喜彦の四季折々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる