blog都喜彦の四季折々

アクセスカウンタ

zoom RSS 四季折々  芋

<<   作成日時 : 2005/11/06 17:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0



画像


芋洗ふ西行ならば歌よまむ 芭蕉



画像


あるなしの風の散らせる芋の露 キ喜彦







(いも)

甘藷や馬鈴薯は新しい渡来品で、
古く山の芋に対して里芋があった。
多くの土地では、芋と言えば里芋のことで、
東北の一部だけが山の芋を意味している。
近年甘藷がいもの名を独占しようとする傾向にある。
俳諧では里芋をさす。
<日本大歳時記>




Copyright(C) まさじ MASAJI 2003-2014

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2005年 秋
2005年 秋 ...続きを見る
blog都喜彦の四季折々
2012/06/16 07:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
四季折々  芋 blog都喜彦の四季折々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる