四季折々  葛の花



画像


山路に石段ありて葛の花 高浜虚子






葛の花
(くずのはな)

マメ科の大形つる性多年草。
山野・荒地に自生。葉は卵円形の小葉三個からなる複葉で、裏は白っぽい。
秋、葉腋(ようえき)に紅紫色の蝶形花を総状につける。
肥大した根から葛粉を採るほか、漢方で葛根(かつこん)といい発汗・解熱薬とする。
茎の繊維で葛布(くずふ)を織る。秋の七草の一。クズカズラ。
<大辞林>

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 2008年 秋

    Excerpt: 2008年 秋 Weblog: blog都喜彦の四季折々 racked: 2012-06-20 23:23