四季折々  柿



画像


よろよろと棹がのぼりて柿挟む 高浜虚子


接待に柿の籠おく札所寺 都喜彦

古里は老母一人や柿の秋 都喜彦








(かき)

柿を食する人が少なくなったというが、まだ、写真のような光景もみられる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 2008年 秋

    Excerpt: 2008年 秋 Weblog: blog都喜彦の四季折々 racked: 2012-06-20 23:24