四季折々  曼珠沙華



画像


曼珠沙華消えたる茎のならびけり 後藤夜半

こんぴらへ街道真すぐ曼珠沙華 都喜彦







曼珠沙華
(まんじゅしゃげ)

彼岸花の別名。ヒガンバナ科の多年草。土手や田の畦に生える。
秋の彼岸のころ、高さ約30センチの花茎を伸ばし、
長い雄しべ・雌しべをもつ赤い6弁花を数個輪状につける。
花の後、線形の葉が出て越冬する。
有毒植物であるが、鱗茎(りんけい)を外用薬とする。
<大辞泉>

"四季折々  曼珠沙華" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント